コーナーでのフォームと寝かせ方【動画】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お悩み相談を頂きましたのでyoutubeにてお答えしました。

コーナリングでお悩みの方は参考にして頂けると幸いです。

今回はフォームやバンキング等々に関するお悩みにお答えしましたが

ここではバイクの寝かし方のコツについて補足をしておきたいと思います。

 

 

重心移動とは

画像の黄色い矢印が重心移動のイメージです。

この時、最初にお尻を移動した位置から更にお尻をずらすのではなく

骨盤周りの重心だけイン(横方向というよりも斜め下)に移動させるイメージです。

上記の画像で言うと、シートの左サイドにお尻を押し付ける、または体重を載せるという感じですね。

これがバイクを寝かせるポイント①

 

 

ステップ荷重

(画像の使い回し失礼します)

画像の赤い矢印がステップ荷重のイメージです。

私が主に使うバンキングのきっかけがこれ。

イン側のステップを踏みこんでいくイメージです。

これがバイクを寝かせるポイント②

ちなみに、思いきり踏み込むと怖い位にバイクが寝ますのでご注意を。。

 

 

外足ホールド

画像の青い矢印が外足ホールドのイメージです。

動画でも説明しましたが、私は外足の太腿を

タンクに密着させる事で自身をバイクに固定しています

(外足のつま先でステップを蹴り上げて膝や太腿をがっちり固定するイメージ)

これは同時に、体全体が前や横方向にずれたり落ちたりしない様に

するのにも使っています。

逆に言うと、

この外足ホールドがしっかりとする事で上半身の自由度が高まるという事です。

これが出来れば、上半身を前後左右に動かしたり

ハンドルやアクセル操作を自由に行う事ができます。

セルフステアを邪魔しない為に腕から力を抜く事等は

この下半身ホールド有ってこそです。

 

 

立ち上がりの際のステップ荷重と重心移動

では、旋回が後半に近付くにつれて

荷重と重心はどのように変化するのでしょうか?

これは単純な話で、ステップ荷重も重心移動も

倒し込みとは逆に、力を抜いてあげるだけです。

大型排気量のバイクは、力を抜きながらアクセルを開けるだけでバイクが起きてきますが

小排気量のバイクは、積極的に重心を戻したり

外足ステップを踏みこんであげる事でバイクをおこしてあげる必要が出てくるシーンも有ります。

なお、立ち上がりでリアタイヤに荷重を乗せたい時は重心を更にシートに載せていきます。

 

 

バンク角の調節をしよう

バイクを寝かす技術と、起こす技術が身に付けば

あとはそのバランスを調節することでバンク角のコントロールが可能です。

  • アクセルオフ ⇒ バイクは寝やすい
  • アクセルパーシャル ⇒ バイクが安定する
  • アクセルオン ⇒ バイクは起きようとする

バイクの基本的な性質を把握し、バンキングのコツと共に併用しながら

状況に応じたバンク角のコントロールをしてください。

大丈夫です、何度も練習すれば自然と体に染みついてきます。

体に染みつけば、意識せずとも「必要な時に必要なだけの力加減」がわかるようになり

無駄な体力を使うことも無くなります。

 

 

使い分けましょう

排気量や車種によっては

ステップ荷重よりも重心移動のみで曲がる時もあります。

イメージとしては

  • スポーツ走行など、素早い倒し込みが欲しい時はステップ荷重
  • ツーリングなど、軽く旋回するだけの時は重心移動

このように状況によって使い分ける事で

疲れない走りをする事ができます。

 

 

まとめ

その時の状況や車種、排気量などでさじ加減が違ってきますので

上記にあるテクニックを、あなた自身に置き換えながら練習をする必要があります。

でも難しく考える必要はありません。

荷重、重心移動、ホールドのコツを組み合わせながら

自身の環境やライディングの個性に少しずつ取り入れていくだけです。

いつも言っていますが、

このブログに書いてあることだけが正解ではありませんので

実践して試す事がスタートです。

そして合わない時は「この情報を捨てるという選択肢」も忘れないでくださいね。

 

 

ライディングでお悩みの方は遠慮なくご連絡ください。

迅速な対応は出来ませんが(スミマセン・・・^^;)

ブログと動画にてお答えしたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します 😀 

   

SNSでもご購読できます。

RELATED

コメント

  1. MTC より:

    いつもライディングの参考にさせて頂いています。
    長く寝かせっぱなしのコーナリング時のハンドルへの入力(力の配分?)について教えて下さい。
    例えばスパ直入の1コーナー~2コーナー出口まで。或いは岡山国際の2コーナー進入から出口まで。
    バイクの頭が思ったように向き変えしてくれない為、コーナー内側の手(左手)
    でハンドルを身体側へ引く動きになってしまいます。この時、アクセルは開いてもなし、閉じてもなしの状態です。
    アクセルオフ、あるいはリアブレーキでスピードを殺すことで曲がれる状態を作るのか?左手でハンドルを押してやることで(逆ハン?)さらにバンク状態に持っていくのか?
    前者を採用するとコーナースピードが落ちてしまい、後者を選択すると非常に車体が不安定になってしまいます。
    よろしくお願い致します。

    1. 山口尚之 より:

      MTCさん、コメント有難うございます。

      ハンドルには余計な力を入れず、
      >アクセルオフ、あるいはリアブレーキでスピードを殺すことで曲がれる状態を作るのか?
      というのがよろしいかと思います。
      全体的にコーナースピードが速いのでは?という気がしています。
      向きが変わるまでは、ハンドルに力を入れず、バイクが持つセルフステアを活かして曲がるのがセオリーですが、トライアンフ(でしたよね?)は少し特徴的なので、ハンドルではなくシートへの荷重の掛け方の工夫で改善できるかもしれません。
      もしくは、ある程度タイムが出て来ているかと思いますので、少しずつサスペンションのセッティングを意識した方が良いのかもしれません。
      無暗に硬くするのではなく、一度ノーマルの状態に戻してバイクの特徴を把握し、長所を活かすようなセッティングになるのが理想です。

  2. MTC より:

    ご返信、ありがとうございます。
    コーナースピードを落として曲がれる状態へ持っていくことを試してみます。
    シートへの荷重の掛け方も色々と試してみます。

    またサスペンションのセッティングは前回の走行からメーカー推奨の値を試したところ、フロントタイヤの接地感が以前に比べ感じられるようになりました。

    柔らかすぎるのでは、と言う不安がありましたが逆に今までが硬すぎたのか?という疑問に変わっています。

    ありがとうございました。

コメントを残す

*