コーナリングでふらつかない方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニーグリップと体の使い方がわかったら、少しずつコーナリングの練習に移していきましょう

 

なぜバイクをバンクさせるとふらつくのか?

まず、ふらついてしまう原因を考えてみましょう。

一般的にコーナリングで一番バイクが安定するのはアクセルがパーシャル状態の時と言われています。

パーシャルとは?

アクセルがパーシャル状態と言うのは、ほんのわずかにスロットルを開き、加速も減速もしない状態。

なのですが、、、

実はこの状態は、バンクした状態でサスペンションに荷重が掛かっていないと逆にフラフラしてしまいます。これは低速のスピードだとバイクがただ寝ているだけで、バイクの重心とライダーの重心は重力の力で下方向に引っ張られ、倒れようとする力だけが働きバランスがとりにくくなるからです。

 

画像で見てみましょう

※ 簡単な画像で説明しますが、難しく考える必要は全くありません。

(こうなるのか、と感覚で憶えれば大丈夫です)

 

バイクが真っ直ぐ起きている時が一番安定しているのはわかりますよね?これはタイヤ接地点と重心が垂直方向にあるからです。

次に、バイクをバンクさせると、重心がタイヤ接地点から横方向にずれる事により、黄色(F)の力が曲がろうとする方向(内側斜め下)に発生します

黄色(F)の力でバイクはどんどん倒れる方向に向かう、あなたは倒れないようにバイクを起こそうとする。でも一度倒れる方向にバイクが寝てしまうと、バンク角が深くなるにつれてバイクの重量がドンドン重たくなるのでさらにバランスが崩れて焦ってしまう。

それに加え、サスペンションも1G状態からほとんど沈んでいませんのでまだまだ可動域(動きしろ?沈みしろ?)が多く、アクセル操作の感覚が身に付いていないうちは、アクセルを戻せば前に、開けば後ろにと大きく動いてしまい、左右のバランスだけで無く、前後にもバランスを崩しやすい状態になってしまいます。

これがふらついてしまう一番の原因です。

 

ふらつかない為に遠心力を利用する

こういうアトラクションを見た事ありますよね?

StockSnap / Pixabay

回転(スピード)が早くなるにつれて遠心力が大きくなり、人間(イス)に大きな力(F)が働きます。

これと同じく、バイクもある程度のスピードをキープしてあげる事で、曲がりたい方向の逆方向に遠心力(青・F2)が発生します。つまりあなた自身で遠心力(青・F2)を発生させてあげるのです。

ムリにスピードを出す必要は全くありません。遠心力(青・F2)を感じればよいのです。

そして、その遠心力(青・F2)外側に引っ張られる力をタイヤの接地点に向けて荷重し、黄色(F)の方向に替えてあげるのです。

遠心力が働いていない時は、バイクは寝かせれば寝かせた方向にただ倒れようとするだけでしたが、ある程度のスピードをキープしてコーナリングすると、バイクには起き上がろうとする力(青・F2・遠心力)外側に引っ張られる力が働きますので、あなた自身がバイクを起こそうとする力が少なくて済み、あとはあなたが上手く遠心力を利用して、タイヤ接地点に向かって黄色(F)矢印方向に力が掛かるようバランスを取ってあげれば良いのです。

コツは、お尻をシートにしっかりと載せてあげる事です。過去記事で書いた"遠心力をシートに逃がす又はシートで受け止めるイメージ"がこれになります。

これが出来るようになると重力(荷重)がサスペンションに掛かり、サスペンションが沈むバネの力と併せてタイヤがしっかりと押し付けられるようになりますのでタイヤのグリップ力(喰い付き)も良くなり、また適度な荷重が掛かる事で前後のサスペンションが安定し、バイクに任せて安心してコーナリングできるようになります。

 

難しい事は後回しにする

この練習をいきなり本番?(峠やサーキットなど)で行おうとすると、それ以前にブレーキングと言うとても難しいテクニックが必要になってきますので大変です。これではコーナリングに集中できずに遠回りの原因になってしまいます。

なので、練習するときはバイク走行が許可された広い空き地などでコーナリングに集中してやるのが一番です。

 

 

最初は怖いと思いますので、大きな8の時から練習してみましょう。

どんな練習でも、本当に8の字走行は基本練習に最適です。場所は広ければ広い程良いです。

最初は大きめの8の時から練習しましょう。スピードは無理して出す必要はありません。バンク角も全然浅くて構いません。バンク角が浅くても遠心力は感じられるようになります。むしろ浅いバンク角を意識した方が良いです。(慣れてくるとどんどんバンク角が深くなってしまいますのでご注意を!)

今回の練習は深くバンクさせたり、小さく旋回させる事ではありません。遠心力を感じてシート(タイヤ接地点)にしっかりと荷重させる事が目的です。

 

アクセルはパーシャル状態で

アクセルはパーシャル状態が良いです。パーシャル状態が難しければ、バイクを寝かす前に速度をしっかりと落とし、少しだけ(ほんの少しだけ)加速しながらゆっくりとバイクを寝かせていくと遠心力を得やすくなります。

アクセルを戻した状態や、過度に加速したりなどすると、前後に荷重が変化しそれだけでギクシャクしてバイクが安定しなくなります。

何度も繰り返し練習しましょう。インプット2:アウトプット8は大切です。反復練習はあなたを裏切りません。

大型バイクの方などは重量やパワーがあるだけに気をつかうと思います。ハンドルも切れませんしね。ムリせず安全第一で練習して下さい。

裏ワザ(?)的になるかもしれませんが、出来れば軽い小排気量バイクで始めると憶えやすいかと思います。小排気量バイクが無い場合、この練習に限っては自転車でも遠心力を感じる事が出来ますので、恥ずかしくなければ自転車でも全然OKです。お尻や外足などで遠心力を受けるのはバイクも自転車も同じなんです。遠心力だけなら車でも感じ取る事が出来ますよね?車を運転中の曲がる時に、腕ではなくお尻で自身のバランスを取るのを意識すれば、これだけでも良い練習になるかと思います。

女性の方など、体重が軽い方はなかなか荷重が掛かりにくく苦労されるかもしれません。そんな時はサスペンションを弱めに調整するとやりやすくなるでしょう。

 

ここでもニーグリップは大事

これまで練習してきたニーグリップを忘れないでください。

逆に言うと、ニーグリップが身に付いていないと今回の練習は出来ないと思います。ふらつきを抑える為の練習なのに、ニーグリップが出来ていないとあなた自身がふらつきの原因になってしまうからです。

このブログは、あなたがステップバイステップで、遠回りせずに上達できるように順を追って記事を更新しています。

一つ一つの事を無意識レベルで行えるようになるのが理想ですが、それでなくともある程度は身に付けてから次の練習にステップする事をお勧めいたします。

 

 

以上がふらつかない練習方法でした。

もしわからない事があれば、コメント欄からご質問くださいね。あなたが納得のいくまでトコトンお付き合いさせて頂きます。

その他、「こんなことを教えてほしい」等のリクエストもお待ちしております。

 

さあ!ここまで習得したら次はいよいよ!

リラックスしたライディングフォーム、ニーグリップ、目線、荷重、コーナリングと、ここまで習得出来たら膝擦りまでもう一歩です!(笑)

もちろん膝擦りが目的のブログではありませんし、あくまでも初心者の方が上達してくれるのが第一の目標ですが(^^;)、これまでの練習をこなし、ある程度身に付いたのであれば膝擦りもそんなに難しくはありません。実はライディングスクールで膝擦り体験をたまにやるのですが、初級クラスの方でも7~8割くらいの方が膝擦りが出来てしまいます。(勿論KSRでですが)

ある程度基礎固めが出来ていれば、膝擦りはそんなに難しくないのです。

なので、まどろかしく感じられてある方もいらっしゃるかもしれませんが、実は順番通りに基本を覚えるのが一番の近道ですので、自分を信じて練習してみてくださいね。

最後までお読みいただき有難うございました(^^)

 

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*