今さら聞けない基本フォームその2 乗車位置にあわせた操作系の微調整

  • LINEで送る

ハンドルを握った時、ブレーキ&クラッチレバーは握りやすい位置にあるでしょうか?

ハンドルを自然に握ったまま、指を伸ばすだけでキレイに握れる。
手首を無理に上下させないと握りにくい場合は高さを調整します。
また、レバーを握る時にいっぱい指を伸ばさなければいけないとか
近すぎて指を挟んでしまわないよう、無意識レベルで楽に力が入る近さに調整します。

 

シフトペダル&リヤブレーキペダルは操作しやすい位置にあるでしょうか?

シフトペダルは上下の操作が有りますので、自分のブーツ、ライディングシューズにあわせて
無理なく足首を動かせる位置に合わせます。どちらかに偏ってもダメですが、極端に位置を変えると
ギヤが入りにくくなることも有りますので、初心者の方はバイク屋さんにご相談されると良いでしょう。
ブレーキペダルは踏むだけの操作ですので、足の置き方に合わせ自然に踏める位置にします。
踏み過ぎるとリヤタイヤはすぐにロックしますので、少し低めを意識すると良いかもしれません。
(これも人それぞれなんですけどね)

 

上記のようにマシンが真っ直ぐ立っている時が基本になりますが、
コーナーでハングオンをされる方は、自分なりに腰を左右にずらしながら
レバー&ペダルをそれぞれ操作しやすい位置に調整します。

 

 

乗っているバイク、ライダーの体格、ライディングフォームによって様々ですので
どの位置が正しいというマニュアルのような答えはありません。
自分だけの操作しやすい位置が正解です。
自分なりのベストの位置がわからないという方は
とりあえずそれぞれの最大公約数的な位置決めをすると何となく理解が出来ると思います。

 

 

⇒宜しければ一度「このブログの説明書」をご覧ください。

   
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*