今さら聞けない基本フォームその1 乗車位置について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆バイクは楽に乗る

私の基本理念は「バイクは楽に乗る」です

安全にバイクに乗るには、体のどこにも無理な力が入らない事が理想です。

逆に言うと、楽に乗っていればいつでもあらゆる筋肉を動かす事が出来ます。

 

◆基本フォームの作り方

1 ステップに立つ ※解説1

2 そのまま無理なくシートに腰を下ろす

3 しっかり膝でニーグリップ、踵ホールドできるか確認する ※解説2

4 腕をリラックスしてそっとハンドルを握る ※解説3

5 ハンドル位置に合わせてお尻の位置を前後に微調整

※解説1  ステップを足のどの位置で踏むかはその人の自由です(私はつま先で乗ります)

※解説2  ステップ位置とシート(お尻)の前後位置バランスが悪いとニーグリップしにくくなります。 この時軽くお腹に腹圧を掛けます。腹圧をかけるとニーグリップが楽になり下半身が安定します。

⇒「腹圧をかける」とは腹筋に軽く力を入れて体幹を安定させるようなイメージです。

※解説3  軽くニーグリップしたままハンドルに手を添えます。この時も腹圧を軽くかけておくと自然な猫背?になります

 

これでどのタイプのバイクも楽に乗るフォームが出来上がると思います。 (ハーレータイプなどは別です)

但し、ノーマル状態からステップ、ハンドル、シートを変更している方などは若干乗りにくいかもしれません。

次回はここから更に違和感なく乗る為の微調整の仕方、確認の仕方をお伝えします。

 

 

 

 

⇒宜しければ一度「このブログの説明書」をご覧ください。

 

 

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

RELATED

コメントを残す

*