ライダーの重心とバイクの重心が一つになる

  • LINEで送る

一体感を感じた時というのはライダーの重心とバイクの重心が一つになり
それぞれが安定している状態です。
下半身だけでしっかりとホールド、踏ん張りが効く感覚が身についたら
だんだんと片足だけでもバイクをコントロールし易くなりますので

◆コーナーで腰をずらしても外足でバイクをホールドしやすくなる(上半身も安定)

◆リヤブレーキの操作(微調整)にも余裕が出る

◆シフトダウンの操作にも余裕が出る

◆内足の力の入れ具合でバンク角のコントロールがしやすくなる

というようなコーナリングでの動きもスムーズに行えるようになります。

 

 

ニーグリップを意識するだけで

免許を取ったばかりの方、大きいバイクに乗り換えたばかりの方
リターンライダーの方で久しぶりにバイクに乗るなど慣れていない方は
コーナリングや発進停車時などあらゆる場面でフラフラしてしまいがちですが
その原因の一つは下半身ホールドが弱く、尚且つ上半身主導で操作しようとしてしまうからです。
こうなるとバイクと人間二つの重心がバラバラになってしまいますので
余計に安定性が悪くなり怖さが増してしまいます。
ですのでニーグリップを意識するだけでバイクとの一体感がグン!と増し
その結果安定感を身に付けられるという方が多いです。
又、この一連の操作時には腹筋背筋をコントロールして体幹を安定させる事も忘れずに。

 

 

下半身ホールドで踏ん張れているかどうかの確認

スタンドを立ててバイクにまたがった状態(脚はステップに乗せる)で
上半身を人から前後左右に動かして(手を引っ張ったりして)もらってください。
ニーグリップがしっかり出来ている時は頑として動かなくなりますし
そうでない時は動かす力に負けてしまいます。
安定感の差がハッキリとわかると思いますよ

 

 

このように、バイクに乗る時は様々な状況に合わせて上手く操作をしてあげる必要があります。
日常にはないスピードの中で、あらゆる操作を瞬時に判断し、実行する。
その為には基本フォームで体に変な力を入れず、常にリラックスしておく事が大事なのです。
無理な態勢をとって変な力が入っているとどうしても対応が遅くなってしまいます。
つまり、私の言う「バイクは楽に乗る」とはこう言う意味なのです。

 

運転に不安がある方は、是非一度お試しくださいね

 

 

ニーブリップの次はお尻で荷重を感じる

ニーグリップはあくまで基本中の基本
次回は「お尻で荷重を感じれるようになったら」
をお伝えします。

 

 

⇒宜しければ一度「このブログの説明書」をご覧ください。

   
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*